オアシス

日曜日, 7月 27, 2008

お助け君


自作オーディオで工作をする時に「あ、あと1本指があったら」と思うこともしばしばではないでしょうか。私はお助け君を作って愛用しています。作り方は簡単、500gぐらいの鉄等の塊(写真はいらなくなったステッピングモータ)に支柱を立てて後は100金のクリップを取り付けた終わり、簡単だけど威力は絶大。あるとなしでは大違いです、一度お試しあれ。

ラベル:

4 Comments:

  • ステッピングモーター、もう一つ活用法があります。
    ローターを抜くとチョークコイルになります。もともとギャップがあるのである程度の直流にも耐え、チョークインプットの電源に使えます。
    ソレノイドコイル、リレーなど試しましたが、ステッピングモーターが一番でした。

    By Blogger murai, at 1:32 午後  

  • muraiさん今晩は。
    へぇーステッピングモータはチョークに使えるんですかすごいですね、どんな音なんだか聞いてみたいです、容量的には小さいですよね。

    By Anonymous prost, at 10:27 午後  

  • 直流電流の許容範囲はそこそこ大きく、DC抵抗も非常に小さいのですが、ご指摘の通り、インダクタンスはあまり大きくないようです。ローターがないと盛大に漏磁するでしょうから、プリアンプやDACには内臓しないほうがよいでしょう。

    目的外の使用ですが、パワーアンプ用の外部電源に使ったところ、至って普通に機能しました。 

    By Blogger murai, at 11:31 午後  

  • muraiさん今晩は。
    なるほど、インダクタンスがあまり大きくなくても良い場所には使えそうですね。しかしでかくて不細工ですね。

    By Anonymous prost, at 3:51 午前  

コメントを投稿

<< Home