オアシス

土曜日, 7月 22, 2006

TDA1541チューニング情報060722位相補正4


今回はデジタル段の電源出力部についているOSコン(C50)を位相補正に置き換えてみました。結果はかなり変化大です、中高域の曇りが取れて低域はたっぷり出ていて締まっている感じになりました、全体的に躍動感のある音になりました。今回は手元に2Ωが無かったので1.2Ω+0.033uにしました、他より電流が流れるので抵抗を低めにしました。

4 Comments:

  • Prostさん こんにちは。この位相補正変わりますか。最初から実施しているので違いがわからないです。それよりデジタル段の電流制御の石はメタキャンですね。これ最初からですかOPEアンプ基盤のと同じみたいですね。私はここはA1207です。

    By Anonymous ノラ, at 10:04 午前  

  • ノラさんこんばんは。

    位相補正、1543EPIの時はデジタル段に入れると高域がもっさりしたのでC2336からC1826にしてバランスを取ったのですが、1541EPIは私の環境で上下に伸びました。メタルキャンは最近噂になっているので試してみました、C612だったかな、とても良いですよ、まだ他にもメタキャン買ってみたのでおいおいやります。

    By Blogger prost, at 10:40 午後  

  • C1826+Aなんとかもいいですよん。
    なんとかはナイショで。
    在庫消費できますし(笑

    By Anonymous 龍一クン, at 12:29 午前  

  • 龍一さんこんにちは。

    +Aなんとか?もしかして私持ってないかも後でこっそり教えてください(^^;;;;。

    By Blogger prost, at 12:25 午後  

コメントを投稿

<< Home